プラセンタの摂取方法の種類とそのメリット・デメリットをまとめて解説

プラセンタの摂取方法には、注射、点滴、ドリンク、サプリメントと色々とあります。

プラセンタ注射は医薬品であり、サプリメントやドリンクは健康食品、美容食品とされることで分かるように、プラセンタ注射や点滴は、効果を最も実感できます。

点滴より注射の方が持続性もあり点滴の方が即効性がかるといえますが、どちらも食品として摂るドリンクやサプリメントよりアンチエイジングなどの美容にも健康にも効果が高いのです。

しかし、気軽に始められるメリットがあるのはドリンクやサプリメントです。こちらはプラセンタの注射や点滴よりは即時の効果は期待できません。あくまでも健康食品だからです。

しかし、コストも安くて誰でも簡単に手に入ります。毎日続けやすいし、通院もしなくていいので楽です。安全面でも安心なので、欠かさず続けていけば効果は期待できますし初心者には良いと言えます。

注射や点滴となると、医師免許が必要であり、美容外科クリニックなどでしか受けられません。サロンなどではできないのも気軽にできないひとつのデメリットです。

また、プラセンタの注射や点滴をした人はなるべく献血は控えるようにという通達が厚生労働省から出ています。なので、もしも何かあった時に献血したいと思っても、心配せず気持ちよくできないのもデメリットだといえるでしょう。しかし、それでも医薬品であるプラセンタの注射には素晴らしい効能が多くあります。

もともと、肝硬変や肝炎と治療薬として認可されていたほどの力があるのです。サプリメントでは、その効果を実感するのはなかなか時間もかかります。それに比べれば、確実な効果を実感できる注射や点滴は女性にとって非常に魅力的なものだといえるでしょう。

プラセンタサプリの選び方